咲き織順子

〒240-0022
横浜市保土ケ谷区西久保町83

045-333-2102

info@sakiori-junko.com
暮らしの中に織りがある 身近に小さな卓上型織り機を置いてタンスの中に眠っている古布を活かす 旅の感動 日常の生活着 咲き織で古布が甦る

2017.4.17更新

咲き織展のご案内

開催予定の咲き織展をご案内致します。

第21回 咲き織2017展


花びらが舞うように裂き布が咲く 浜っ子咲き織順子の20週年を迎える今年 私の原点は素朴でプリミティブなちゃんちゃんこ 咲き織順子

日時/2017年9月15日(金)〜21日(木)
   10:00〜18:00(最終日16:00)
会場/横浜そごう9F市民フロアー
   入場無料

咲き織順子の作品ほか、生徒作品300点余を展示。自由体験コーナーや、チャリティー販売もあります。


原初、女は織姫だった!
原野に林立する木々の皮をはぎ、糸をつくり、織り、衣をつくった
あらけずりな未完のものの中に在る縄文のエネルギー!
古布を細く裂く
裂き布には素朴な原初のにほいがする
20年、裂いてきた
今、今、今を織った
そして今、私はあらためて裂き布に魅かれている
「遊びをせんとや生まれけむ
   戯れせんとや生まれけん」
平安時代の流行歌だったと聞く
力抜いて、裂き布遊びがしたい
今年の私のテーマです
会場には若くはない織姫たちの作品が並んでいます
皆それぞれが想いをこめて織っています
お楽しみいただければ幸いです




今年も細長いタペストリーのチャリティ販売があります。

森のタペストリーの話


森のタペストリーの話

1本1本の木が集まって森となり、大地を潤すように教室のみんなでたくさんの細長いタペストリーを織り、毎年展示会でチャリティ販売をしています。

そうしてフィリピンの火山灰で埋もれてしまった小さな村に小学校が建ち、カラバオ(水牛)プロジェクトと名付けられ、今では100人以上の子どもたちが元気に学んでいます。

また2013年5月、東日本大震災の被災地、盛岡、宮古へ、森のタペストリーの収益金を届けました。
津軽石保育園では遊具となって活かされました。

お問い合せ先

お電話、またはメールにてお問い合せ下さい。

電話番号 045−333−2102
メールアドレス info@sakiori-junko.com

2015.1.3更新

プロフィール

咲き織順子

田中千代服飾専門学校卒業
アパレル産業でデザインの仕事をしたり、
舞台衣装を手がける。
40代後半、感動的に出会ったのが裂き織りだった。
裂き布の持つ素朴であたたかな素材感に魅かれた。
仲間や生徒との教室が生まれ、毎年春、横浜そごう9階で展示会開催。2016年、20回目を迎える。

経歴

1997年、横浜そごう9F市民フロアーにて第1回の咲き織展開催。毎年春、教室の生徒も参加しての「咲き織順子と仲間たちの甦った古布展」を続けている。

第5回咲き織展の様子 咲き織作品「風」展示会場 モロッコの旅タペストリー第8回咲き織展の様子

個展開催―
原宿、軽井沢、盛岡一ノ倉邸、横浜きものサロン、高島屋作家展などで活動。舞台衣装なども手がける。

原宿での個展軽井沢での個展軽井沢での個展2 盛岡一ノ倉邸での個展盛岡一ノ倉邸での個展2 横浜きものサロン横浜きものサロン横浜きものサロン 高島屋作家展沖縄の太陽と海を咲き織で表現した舞台衣装

赤レンガ倉庫展―
浜っ子として念願だった赤レンガ倉庫の広い会場を使って2年連続「咲き織展」を開催。

横浜赤レンガ倉庫 生徒作品生徒作品 パレスチナの旅タペストリー咲き織のくつろぎコーナー

2012年より読売文化センター横浜カルチャースクールにて講師開始。
2017年秋、第21回咲き織展を、そごう9F市民フロアーにて開催予定。

著書

咲き織順子の世界 〜古布の甦りと想いの織り〜咲き織順子の世界 〜古布の甦りと想いの織り〜

2002年3月発売
3,150円(税込)

咲き織順子の「裂き織り」の本咲き織順子の「裂き織」の本

2012年3月発売
1,500円(税込)



2016.8.16更新

教室のご案内

随時受け付けております。
ご見学、ご体験ご希望の方も、お気軽にお問い合わせください。


教室の様子


今年の夏、藍染めの糸で織った作品

レッスン:月1回

教室に通う日は、指定された日の中から月ごとに自分の都合の良い日を選んでいただきます。なお、たて糸は教室でご用意いたしますが、裂き布は各自でご用意願います。




場所・時間

〒240-0022 神奈川県横浜市保土ケ谷区西久保町83 地図
TEL/FAX 045−333−2102
JR保土ヶ谷駅西口より徒歩6分
相鉄線 天王町駅より徒歩6分
時間 AM10:00〜PM3:00

生徒作品

咲き織教室に通う生徒の作品をご紹介します。

お問い合せ先

お電話、またはメールにてお問い合せ下さい。

電話番号 045−333−2102
メールアドレス info@sakiori-junko.com